菜の花色

アクセスカウンタ

zoom RSS 身代わり伯爵シリーズ二次創作12

<<   作成日時 : 2010/07/04 13:20   >>

かわいい ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 7

8月ではありませんが、突発的に更新します。まみみさまが書かれた二次創作にキュンとして、ついついその作品の続きを妄想してしまいました…!書いたものをまみみさまに献上し、うちでも掲載するご許可をいただきましたので、載せます!


まずは、まみみさまの作品をお読みくださいませ!超絶素敵です!

「身代わり伯爵二次創作1 ほぼ会話文」
http://mamimi0912.at.webry.info/201006/article_3.html


ドキドキしますよね!大好きです。
以下が相馬の蛇足的な作文です。雰囲気ぶち壊して本当に申し訳ありません…!





(創作1より)


リヒャルトの腕の中で、ミレーユは落ち着かなさそうに身じろぎする。そのたびに柔らかな感触を改めて意識させられ、思い切り抱きしめたくなる。衝動を押し殺していると、ねぇ、とミレーユが見上げた。
「あのね、でもあたし泳げるようになりたいの。お願い!どうしてもだめ?」
「すみません。教えたいのは山々なのですが…。俺の我慢はもしかしたらなんとかなるかもしれないにしろ、こんな可愛いあなたの姿を他人に見せるのはもったいないというか、…妬けます」
湖の浅瀬での練習を想定していたリヒャルトは、護衛が必要なことは分かっていた。けれどもロジオンにだってミレーユのしなやかな肢体を見せるのは許せなかった。
「…!もう、リヒャルトしかそんな風に…か、可愛いとか思わないわよ!」
「わかってないですね、あなたは。あなたのせいで俺はどんどんおかしくなるのに」
「まっ、またあたしのせいなの!?何もしてないじゃないっ!」
「してますよ。こんな…」
リヒャルトはミレーユのむき出しの肩の線を指先でそっと辿る。
「ぷぎゃ!」
「華奢な肩をさらして。腕だって真っ白で、腰だって柳のように細くて折れそうだし、脚も小鹿のように健気で…。それをしかも全て同時に俺に見せるなんて。誘ってるとしか思えないな」
ミレーユの動揺もよそに、リヒャルトは言葉にした箇所を、指先で微かに触れていった。
ミレーユは悲鳴を上げて足をばたつかせる。そんなに脚を無防備に開くのは、と思いつつ、当然彼は嫌ではなかった。
「っぎゃーーーー!やだやだやだー!くっ、くすぐったいったら!やめて!ひゃっ、…っリヒャルトってば!」
本当にくすぐったいだけか聞こうとして覗きこむと、ミレーユが確かに笑いをこらえて顔を真っ赤にしているのが分かった。多少物足りないような、何か収穫を得たような、複雑な気分を味わいながらリヒャルトは彼女の言うとおりにする。
「は、はぁ、くすぐったかった…。って、いけない、忘れるとこだったわ!」
がばりとミレーユは身を起こし、きらきらした瞳をリヒャルトに向けた。
「それでね、思いついたんだけど、他の人に見られなきゃいいのよね?だったら、お風呂でやりましょうよ!」
「…はい!?」
「だって、私が使ってるお風呂でも泳げるくらい広いわ!ほんとは湖がいいけど、お風呂なら浅いから溺れることもそうそうないだろうし、練習見られないし、いいこと尽くめじゃない?さっきお湯を入れてくれたらしいから、水じゃなくてお湯だけど、まあいいわよね」
満面の笑みでミレーユはリヒャルトの腕の中から飛び出すと、ごく自然にリヒャルトに手を差しのばした。
「行きましょ!あたし、すごく楽しみにしてたの!」
「あ、あの。すみません、ミレーユ…」
とっさにお湯の熱に頬を上気させたミレーユを想像してしまったリヒャルトが、断りの言葉を絞り出しかけると、察したミレーユは塩をかけられた青菜のようにしゅんとした。
「ごめんなさい、あたし一人浮かれたりして。リヒャルト忙しいんだし疲れてるわよね。だったら、あたしロジオンとかアレックスに教えてもらうから、泳げるようになったら一緒に泳ぎに行きましょう?」
「………いえ、やっぱり俺が教えます。大丈夫です。仕事は片づきましたし、疲れてませんから!」
リヒャルトはミレーユの手をがしっと握った。
「だから、絶対他の人と泳ぎに行っちゃだめですよ?」
「う、うん」
気圧されて頷くミレーユにマントを着せかけていると、アンがにこやかにタオルや着替えを持って先導し始めた。
「ではどうぞ、若君、ミレーユさま!ちゃんとお道具も用意してございますわ!」
「アン、そういうのは…!」
慌てるリヒャルトを振り返り、アンジェリカは片目を瞑ってみせた。
「あら、…浮き輪ですわよ?」
「浮き輪!?うわあ、楽しそう!ありがとう!」
「いいえ、お楽しみくださいませ」
「……………アン」
大公殿下はこっそり溜め息をついたが、最愛の婚約者が嬉しそうに繋いだ手を揺らすのに、彼はやがて微笑したのだった。


end


創作1にキュンときて、つい続きを勝手に妄想してしまいました…。優しく受け止めてくださったまみみさまに、改めて感謝しています。


まみみさまのテキストブログサイトはこちらです。塩の小瓶を握り締めてジャンプですわ!

それはまた別のおはなし。
http://mamimi0912.at.webry.info/




キャラクターソングミニアルバム身代わり伯爵の危険な響宴
ジェネオン・ユニバーサル
Soundtrack [Character CD]

ユーザレビュー:
身代わり伯爵の世界観 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。ブログのデザイン変えられたんですね。さわやかで可愛くて素敵ですv
そして何度読んでもこの作品、よいです。大好きです!!あの走り書きからこんなつづきを引き出せるとは、さすが相馬さまです。本当にありがとうございます。
こちらで紹介くださったおかげで、うちのブログも急にアクセス数が増えて驚いております。大勢いらっしゃるであろう相馬さまファンの方におかれましては「なにやら弟子が頑張りだしたわい」と笑って見ていただけたら嬉しいです。がんばります!
……そしてブログのタイトルですが、なんだかあまりに名実かけ離れているので、そのうちひっそり変更するかもしれません…その際はまた変更よろしくお願いします。ご迷惑かけてすみません。
まみみ
2010/07/04 23:30
こんばんは。相馬さまが身代わり更新されており驚きました!
泳ぐ場面ときて想定外なので、内容がきゅんときました。ミレーユは泳ぎの習得に必至ですが、リヒャルトにとっては我慢大会ですね。アンの観察日記もさぞ、ネタ満載でしょう(笑)
まみみ様の作品によって、相馬さまの新たな身がわりに出会えたことに感謝ですね。つかの間のときめきを補給させて頂き、ありがとうございました。
ミケネコ
2010/07/06 00:12
相馬さま
こちらの菜の花では、はじめまして!です。今回は出遅れることなくお邪魔させて頂いてます。
まみみさまとの見事な連携創作に乾杯♪トキメキをありがとうございます!
トキメキどころ満載ですが、ミレ−ユの本当に楽しそうな態度とセリフ、私も思わず微笑んでしまいます。リヒャルトの溜め息と微笑…なんだかんだ幸せですね♪
Sogno
2010/07/06 17:37
まみみさま

掲載ご許可ありがとうございます!
そしてお返事が遅くなり申し訳ありません!

身代わりや伯妖で水着を思いつくことがなかったので、とても新鮮でした!相馬のスケッチブックにはミレーユ水着姿が沢山らくがきされています。実は殿下でなく相馬が変態なんじゃないかと最近不安です(笑)
この話を書いてから、そのあと起こり得るお風呂ネタが頭をぐるぐるしていますしね…。

「きゃっ!」
「ミレーユ!大丈夫ですか?」
「ごめんね、足を滑らせちゃって。抱き止めてくれてありが…、と…」
「…ミレーユ」
「りひゃ…、あのっ、もう大丈夫!転ばないようにきをつけるから!…なんでより抱きしめるのっ?」
「もう、本当に勘弁してください。何なんですか、人がどれだけ必死でたえてるか」
「わかったわ!気をつけるから!だから離して!なんか、なんかいつもより恥ずかしいのっ!」
「わかってないみたいですが」

みたいな感じです。
その前にも色々色々殿下は耐えてると思います。そういえば殿下も水着ですか?

つかさ
2010/07/11 12:37
ミケネコさま

コメントありがとうございました!お返事が遅くなり申し訳ございません!
突然の更新、相馬も予想外でした。つい勢いで書ききっていました。まみみさまマジックです。あの創作の室の高さと頻度を見習いたいです。
殿下は我慢大会ですね!
まず、ミレーユが水(お湯)に濡れてはぐっと来て、頬を上気させてはくらりときて、抱きつかれては理性が切れかけます。ファイト殿下!
そしてひとつ疑問なのですが、着替えるときって、どうするのでしょうか。脱衣所一つですよね。・・・なーんて不埒なことを考えるだめな大人です。
多分、時間差で上がるんだと思うのですが(笑)

いつもいらしてくださってありがとうございました!



つかさ
2010/07/11 14:07
Sognoさま

コメントありがとうございました!お返事遅くなってしまって申し訳ありません!

あれ?そういえば、ずっと日記にコメントいただいていたのですね!日記までいらしてくださり本当にありがとうございます!もっと楽しげな日記が書ければいいのですが、思いつくままに愚痴っていて申し訳ありません!

素敵なまみみさまのお話に、蛇足になるなと思いつつ書かずにはいられなかったのですが、そう言っていただけるとほっとします。ありがとうございます。
殿下はいろいろ大変ですが、ミレーユといるときにはやっぱり、うんと幸せを感じていて欲しいです。あと、そういえば20歳の男の子ということで、そういう面も書きたいなと思います。だって、ミレに会うまでそんな苦悩は絶対なかったと思うのです。悩め青少年!と思う相馬は、いつかきっとリヒャルトに、ロジオンを送り込まれることでしょう・・・。
つかさ
2010/07/11 14:18
何度もすみません!
あまりにもコメント欄の会話文が楽しすぎて、わたしも風呂ネタがあたまをぐるぐる回りはじめました(笑)。「色々色々」にも笑わせていただきました。
そういえば……この話の展開だと、殿下も水着じゃないとおかしいですよねえ……。なんだか既存の形のは何を着せてもまるで似合わないような気がするのはわたしだけですかっ?リ、リヒャルトにしか似合わないようなステキ水着をアンジェリカが作った(←またしても)ということでどうでしょう?
まみみ
2010/07/11 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
身代わり伯爵シリーズ二次創作12 菜の花色/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる